I. 考えられる原因

1. CSVファイルの1行目がインポート用フォーマットと異なる

CSVファイルの1行目は、システム上必要な行なので編集せずにご利用ください。編集してしまった場合は、再度サンプルファイルをダウンロードして、正しいフォーマット上に情報を入力してください。

2. 登録されていないグループ名が含まれている

社員を登録する前にはグループの登録が必要です。グループの登録方法は以下のヘルプページをご参照ください。
グループを一件ずつ作成する
グループを一括で作成する

3. CSVファイルのファイル形式や文字コード形式が異なる

CSVファイルは、ファイルの文字コード形式をUTF-8で保存する必要があり、それ以外の形式だとRefcomeのシステムで読み込むことができません。
また、Microsoft Excelでファイルを保存した際に、.csv以外の種類で保存されている可能性が考えられます。

II. CSVファイルを正しい形式で保存するには

Excelと、ご利用のOS標準のテキストエディタを併用することで、簡単に正しい形式でCSVファイルを保存することができます。

⚠️ ご注意点

以下の方法で保存するファイルは、再度Microsoft Excelで開くと文字化けして表示される場合があります。手順のとおり、必ず元ファイルとは別名で保存(複製)してアップロード用としてご使用ください。

Windowsの場合

  1. Microsoft Excelを起動して、対象のファイルを開きます。

  2. [ファイル]メニューから[名前を付けて保存]を選択します。

  3. ファイルの種類[CSV (コンマ区切り) (*.csv)]で保存して、ファイルを閉じます。

  4. メモ帳を起動して、対象のファイルを開きます。

  5. [ファイル]メニューから[名前を付けて保存]を選択します。

  6. [ファイル名(N)]で、元ファイルとは別名を入力して、最後に「.csv」と入力します。

  7. [ファイルの種類(T)]で[すべてのファイル]を選択します。

  8. [文字コード(E)]で[UTF-8]を選択します。

  9. [保存]ボタンをクリックして完了です。

Macの場合

  1. Microsoft Excelを起動して、対象のファイルを開きます。

  2. [ファイル]メニューから[名前を付けて保存]を選択します。

  3. [ファイル形式]で[CSV (コンマ区切り) (*.csv)]を選択します。

  4. [保存]ボタンをクリックしてファイルを閉じます。

  5. テキストエディットを起動して、対象のファイルを開きます。

  6. [ファイル]メニューから[複製]を選択します。

  7. [ファイル]メニューから[保存]を選択します。

  8. [名前]で、元ファイルとは別名を入力して、最後に「.csv」と入力します。

  9. [標準テキストのエンコーディング]で[UTF-8]を選択します。

  10. [保存]ボタンをクリックして完了です。

回答が見つかりましたか?